1. 派遣 de パート HOME>
  2. お役立ちコラム>
  3. 転職>
  4. 再就職に役立つ主婦のスキル!企業への効果的なアピール方法とは?

転職 2018/07/03

再就職に役立つ主婦のスキル!企業への効果的なアピール方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
主婦のスキル

「夫に、そろそろ働いてほしいと言われた。」
「将来のために貯金したい。」

専業主婦が仕事を再開する理由は様々。
でも、しばらく仕事から離れている主婦にとって、社会復帰は不安に感じることも多いでしょう。

「履歴書でアピールできるようなスキルもないし…。」
果たしてそうでしょうか?
主婦は、実は知らず知らずのうちに仕事でも役立つスキルを身につけているのです。

今回は、主婦のスキルがどのように仕事に役立つのか、また企業へのアピール方法についてもご説明します。

 

マルチタスクの達人

「冷凍したご飯をチンしている間に味噌汁を温め、卵焼きを焼こう。」
「お風呂の水をためながら洗濯物をたたみ、子どもの宿題の音読を聞こう。」

こんな風に複数の作業を同時に行うことを「マルチタスク」といいます。
主婦ならあるあるの日常風景ですよね。
たくさんの仕事を効率よくこなす方法は、主婦の方が一番わかっているのかも知れません。

仕事においても、複数の案件が同時進行していることがよくあります。
そんな時でも、主婦の方なら優先順位を把握し、どのように進めていけばいいのかを冷静に判断して取り組めるはずですよ。

主婦のスキル

 

コミュニケーション能力が高い

夫の家族やママ友、近所の人、PTA関係の人、学校の先生などなど、日々たくさんの方と交流しなければならない主婦の皆さん
気が合う人ばかりじゃなく、ちょっと気難しい人ともお付き合いを続けていく中で、コミュニケーション能力はぐんぐん磨かれているはずです。

苦手なママ友とも笑顔で挨拶できるなら、あなたのコミュ力は相当高いと言えるでしょう。

 

時間配分に一切の無駄なし

もし、5分だけ時間があったとしたら、何をしますか?

家事に、育児に、雑用にと、とにかく忙しい毎日を過ごしている主婦の方は、ほんの5分であっても無駄にはしません。
「ゴミをまとめて収集所まで持っていき、ついでにポストの郵便物を取って来る」それくらいならお手の物でしょう。

時短勤務など限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮できるのは、普段から時間の効率化を考えて行動している主婦ならではの特技と言えますね。

 

責任感が強い

まだ子どもが赤ちゃんだった頃、どんなに寝不足であっても育児に奮闘していたことでしょう。
ママである自分が育児をさぼれば、大事なお子さんを危険にさらしてしまうかも知れないからです。

お子さんのいない方も、家族のスケジュールは自分が管理しているという方も多いのでは。
そんな責任感の強いあなたになら、安心して仕事を任せられます。

 

問題解決能力に長けている

ビジネスにおいて「問題解決能力」はとても重要なスキルのひとつです。

問題解決能力とは、①どこに問題があるのかを把握し、②なぜ問題になっているのかを分析、③その問題をどのように解決するのかを考える、の3つを指します。

これって、子育て中のママなら頻繁に使うスキルではないでしょうか。

たとえば子どもが学校へ行きたくないと言ったとき、①お友達とトラブルがなかったか、②トラブルの原因は何か、③どうすれば解決できるのかをお子さんと一緒に考えますよね。
また、④今後どうすればトラブルを防げるのか、という点まで考えると思います。

子育てはハプニングの連続です。主婦の皆さんは日々こうしたハプニングと向き合いながら、問題解決能力を高めているのです。

主婦のスキル

 

クリエイティブである

少しでも家事をラクにしようと、工夫したことはありませんか?
たとえば、一週間分の献立を考えてから買い物をする。
お風呂に入ったついでに、お風呂掃除を済ませる。
また、子育てにおいても、色々なアイデアを駆使して子どもを楽しませているというお母さんがいます。

主婦や子育てママは、柔軟な頭を持つクリエイター
その斬新なアイデアは、ビジネスにおいても重宝されるでしょう。

 

費用対効果まで考えられる

買い物をする際、いくら安くてもすぐに壊れてしまいそうなものは買いませんよね。
消費の中心にいる主婦の方は、こうした「費用対効果」について最もシビアな目を持っています。

ビジネスでも、限られた予算でより満足度の高いものを提供することが求められます。
経験に基づいた主婦の方の意見なら、現場でも大いに役立つはずです。

 

主婦のスキル、企業にどうアピールする?

働くのが怖い、社会復帰する勇気がないという主婦の方、これを読んで少しでも自信を持っていただけたでしょうか。
意外とたくさんのスキルをお持ちであることが分かっていただけたと思います。

では、この主婦のスキル、企業や派遣会社にはどのようにアピールすればいいのでしょうか。


履歴書の職歴欄には、主婦業で得たスキルは書きにくいと思います。
そこで活用したいのが「自己PR欄」です。
子育て中に学んだことや特筆すべきエピソードなどがあれば、ぜひ書いてください。

 

主婦業で学んだエピソードなどを自己PR欄に書いた例

「PTA役員を経験したことで、先生方やほかの保護者の方など人脈が大きく広がりました。
また、一つの行事をみんなで協力して行うことで達成感を味わうことができました。」
コミュニケーション能力や、責任感のある人という印象に

「知り合いに頼まれて、お店のオープン記念チラシやセールチラシなどをパソコンで作成しました。」
パソコンスキルが高い、実務経験がある人としてポイントUP

などなど、主婦業で得た経験やスキルがその人の人間味として加わり、人事担当者の印象に残りやすくなります。

関連リンク:
派遣ノウハウ~履歴書の書き方~
派遣ノウハウ~職務経歴書の書き方~

 

結婚や出産などで長い間、仕事から離れているという方も。
ぜひ、もう一度自分の中に眠っているスキルを思い出し、ビジネスに役立ててみてください。

「派遣deパート」では、週3日、1日5時間程度のパート派遣のお仕事をご紹介しております。
いきなりフルタイム勤務は難しいと感じる方は、ぜひ弊社までご相談ください。

登録ボタン

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE