1. 派遣 de パート HOME>
  2. パート派遣をはじめよう!>
  3. 派遣ノウハウ~履歴書の書き方~

派遣ノウハウ~履歴書の書き方~

履歴書の書き方

就職活動に欠かせない履歴書。近年では印刷で済ませる方もいますが、やはり書き手の人柄を感じる手書きのものが好まれるようです。

履歴書を書く際のポイント

  • 読みやすいように丁寧な字で、気持ちを込めて書く
  • 修正液は使わない。間違えたら新しい用紙に書き直す
  • 志望動機など、なるべく空欄を作らないようにする

書き方サンプル

履歴書は、なるべく文房具屋で、大人の転職向けのものを購入するようにしましょう。

表面

1日付
履歴書を提出する(投函する)日付です。記載した日ではないので注意。
2氏名
氏名は大きく丁寧な字で。「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで記載。
3証明写真
プリクラやスナップ写真はNGですが、スピード写真は可。3カ月以内に撮影したものを使用し、はがれないようにしっかりとのり付けすること。
4住所
○丁目○番地まで省略せず書くこと。電話番号は携帯電話でも構いません。
5年号
年号は和暦・西暦のどちらかで統一。和暦で記載するほうが一般的です。
6学歴・職歴
高校の卒業年から記載。学生時代のアルバイトは職歴に含みません。会社名の他、簡単な仕事内容も記載しましょう。
7欄の最後は「以上」
不正に書き込まれることを防止するため、「以上」と記載します。

裏面

8免許資格
運転免許や簿記など、持っている資格を正式名称で記載します。仕事に関係ないものでも構いません。
9志望動機・特技・PR
選考を左右するスペースです。志望動機は「仕事に興味がある」だけでなく、「会社に入ったら何をしたいか、どう貢献したいか」を具体的に書くと、仕事への真剣さが伝わります。
趣味・特技も、「料理が趣味で、よく友達を呼んでホームパーティーを開きます」など具体的に記載することで、面接官もあなたの人となりに興味を持てるでしょう。

写真のとり方

写真は第一印象を左右する重要なポイント。スピード写真でも構いませんが、3カ月以内に撮影したものを使用しましょう。プリクラやスナップ写真の切り抜きはNGです。
写真を撮るときのルールとコツをご紹介します。

1服装・髪型
基本的には面接に行く服装で撮りましょう。
髪の長い方は背中側に流すか一つにまとめるなどして、襟元に髪の毛が掛からないようにします。髪の短い方は耳を出すと清潔感のある姿になります。
2化粧
証明写真で大切なのは、健康的で清潔なイメージ。目の下のクマはコンシーラーなどで隠し、口紅はナチュラルな明るいカラーを選びましょう。アイシャドウは明るめの色を薄くのせ、アイラインは細めにはっきりと入れます。
3アクセサリー・メガネ
アクセサリーは付けないのが基本。メガネは面接でも掛ける予定であれば、着用したままで構いません。フラッシュの光がメガネに反射する場合もあるので、現像する前によく確認しましょう。
4表情
表情は自然な笑顔が一番です。ポイントは口角を上げて軽くほほ笑むこと。柔らかな雰囲気を作り出し、親しみやすさを感じさせましょう。