1. 派遣 de パート HOME>
  2. お役立ちコラム>
  3. 転職>
  4. 派遣先が合わないので辞めたいとき、どうすれば良いの?

転職 2020/07/21

派遣先が合わないので辞めたいとき、どうすれば良いの?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
派遣先を辞めたいとき、やるべき事。

思っていた職場の雰囲気と違う。
性格の悪い上司がいた。
仕事が難しくてついていけそうにない。

派遣で働いているとよくあるパターンだと思います。
こんなとき、みなさんはどう対処していますか?

本日は、トラブルなく辞める方法、あるいは辞めなくても問題解決できる方法について、コーディネーターがお答えします。

(※2020年7月21日、記事内容を一部リライトしました。)

 

古場コーディネーター

ギモンに答える人
古場洋輔
株式会社ワークプロジェクト 大阪オフィス所属
メーカー営業を4年経験した後、人材業界へ。
求職者の立場にたったお仕事紹介を心がけています。

 

辞めたいと思ったら、まずは派遣会社にご相談ください

派遣先が合わないと感じたら、まずは派遣会社のコーディネーター(担当者)に相談してみましょう。

私たちも、この人なら大丈夫だろうと考えて派遣先をご紹介していますが、マッチングに絶対はありません。
些細なことでも気軽にご相談いただければ、辞めなくても問題が解決する場合もございます。

先に派遣先の会社に伝えてしまうとトラブルに発展する可能性もございますので、絶対にやめましょう。

 

なるべく辞める1ヶ月前にはご相談を

派遣の場合、契約満了日まで続けることがベストですが、契約満了日が3ヶ月先、半年先になることもあります。
契約満了日がまだまだ先の場合でも、最短で1ヶ月前に辞める意思を伝えておけば、比較的スムーズに辞めることが可能です。

派遣社員は雇用契約で「辞める場合は1ヶ月前に申請すること」が決められているケースが多いです。
派遣会社はあなたの後任の方を探す必要がありますし、派遣先企業も急に辞められると予定していた業務が滞ってしまいます。
ですから、いくら「明日にでも辞めたい!」と思っても、契約上それが認められていないのです。

ただし、理由によっては1ヶ月以内でも退職が認められるケースもありますので、辞めたい理由をできるだけ詳しく伝えてください。

派遣辞めたい

 

派遣先を辞めたいと思った理由は?

人間関係

上司が嫌な性格だった、パワハラを受けた、派遣社員を差別された、など。

スキルが合わない、仕事が難しい

スキル不足、経験のない言語を使う業務に変わった、周囲の人と比べて仕事が遅い、など。

思っていた仕事内容と違った

英語力を活かせると思ったが実際の業務ではほとんど使わなかった、業務量が多くて時間内に終わらない、など。

体調の変化

朝の満員電車がつらい、家事との両立がうまくできない、体調を崩して仕事を続けるのが困難、など。

家族など自分以外の理由

家族の介護が必要になった、子どもが受験するのでそのサポートをしたい、など。

派遣会社には、正直に理由を説明するのがおすすめです。
理由によっては、あなたの条件に合う他の仕事を紹介してくれるはずです。

 

辞めなくても、問題解決できることがある

たとえば性格の悪い上司がいて働くのが辛い、となった場合。

実は、悩んでいるのはあなただけではなく、周囲の人もその上司に対して不快感をもっていることがあります。
コーディネーターを通じて企業側に事情を話すと、他の派遣スタッフさんや社内の従業員からも同じような声があがっている場合があるのです。

スタッフさんの中には、自分だけが働きづらさを感じているわけではない、と知ることで気持ちが楽になり、上司とうまく付き合っていけるようになる方もいらっしゃいます。

派遣スタッフさんは立場上、勤務先内に安心して相談できる人が少なく、ストレスをため込んでしまいがちです。
誰かに相談することで考えが整理されて、気持ちを新たに頑張れることもあるので、そこは遠慮なくコーディネーターを頼っていただきたいところですね。

 

その不満・不安は、とりこし苦労かもしれない

実は辞めなくていいのに「辞めたい」と思ってしまうケースで、よくある事例をご紹介します。

派遣として、チームに配属されて仕事をしていると、日々、いろんな課題に直面することがあります。

たとえば自分の仕事の範囲はある一定ラインまでだけれど、お客様の要望はその範囲を超えていたとしましょう。
そんなとき、責任感の強い人、空気を読むタイプの人ほど、過敏に反応してしまう傾向があります。

会社から、今以上の仕事をすることを望まれているとプレッシャーに感じてしまったり、現状の自分のスキルでは不十分なのではないか、と思い込んで不安を感じてしまったり。
こういったケースでは、コーディネーターを通じて派遣先に相談してみると、あっさり解決することも少なくありません。

企業の方によくよく話を伺ってみると、近日中に、もう一人専任スタッフを雇って対処する予定だったり、現状認識はあるけれど、会社の事情でいますぐには対応できない状態だったりすることがあります。

むしろ「環境が万全ではないなか、〇〇さんには助けられています」と感謝されることもあるくらいです。
「辞めたい」と思ったとき、なぜ辞めたいのかを丁寧に教えていただけると、案外簡単に解決の糸口が見つかることもありますよ。

派遣辞めたい

 

相談したら引き止められそう、と不安な方へ

派遣会社によっては、強い引き留めにあうこともあるかもしれません。
ただ、最終的には働きたくない人を無理に働かせることなんて誰にもできません。極論、その日に辞めることも可能です。

ただ一言だけおせっかいを言わせていただけるとするなら、とにかく辞めることが目的になってしまっている状態はもったいないです。
本来の目的である「希望の条件で気持ちよく働くこと」を一番に考えてもらいたいと思います。

これまでに書いたように、つらい思いをして辞めなくても状況を変えられることがありますから、変に警戒せずに、ありのままの理由を教えていただけると嬉しいです。

 

自分一人で解決しようとすると、結果、不利になる可能性がある

なかには派遣会社に遠慮をして、派遣先の上司や先輩に直談判する方もいらっしゃいます。
業務の相談はそれでも問題ないのですが、人間関係や環境、待遇の不満などは、派遣会社のコーディネーターを通じて伝えた方がスムーズに事が運ぶ場合が多いです。

あなたが仮に、職場の上司に相談したとしても、その場で問題解決することはまずありません。結局はその会社経由でコーディネーターに話が入って、話し合いが持たれることになります。

コーディネーターからすれば、派遣先から「〇〇さんが辞めたいと言っているんだけど」と急に連絡が入ると、カウンターパンチを食らったような状態になります。
事情が分かりませんし、とにかく派遣先にご迷惑をおかけしているのは事実なので「ご迷惑おかけして申し訳ございません」と平謝りするばかりです。

結果的に、このあとスタッフさんの希望を通すための交渉がしづらくなってしまうのです。

派遣辞めたい

事前に相談してもらえたら、どういう風に事を進めていくのがベストか、スタッフさんと作戦を練ることができます。

できるだけ早く辞められるようにしたいのか、できたら働き続けたいけれど上司の〇〇さんがどうしても苦手なのでそこだけ何とかできないか、とか。
あるいは職場の人には知られないように、処遇の改善を求めたいといった要望も。

前もって相談してもらえると、希望内容に応じて配慮することができます。結果的にスタッフさんが不快な思いをしたり傷ついたりしなくて済むというわけです。

最終的に辞めることになった場合も、辞める理由がしっかり把握できていれば、こちらとしても要望に沿う次の職場をご紹介しやすくなります。
仕事を途切れさせずに安定収入を得るという観点でも、ご相談いただいたほうがスムーズだと思います。

 

嘘の理由で辞めるのは、お勧めしません

派遣の辞め方として、病気や家族の不幸など、作り話することを勧める回答をWeb上で見かけますが、お勧めできません。
もちろん、社会人として不誠実な対応だから、というのも理由の一つではありますが、それ以外にも理由があります。スタッフさんにとってデメリットが大きいんです。

嘘の理由で退職する場合、おそらくいまお付き合いのある派遣会社ともご縁が切れてしまうことになります。
それで別の派遣会社に登録して、担当者にあなたの希望条件を伝えたとしましょう。
そこでもしも、事情を知らない担当者から「嘘をついて辞めたばかりの会社」を紹介されたらどうでしょう。困ってしまいますよね。

ちょうどあなたが抜けて、その企業は派遣スタッフさんに来てもらいたいでしょうし、あなたの希望条件とも合致しています。
再度その会社を紹介されてしまうのは、充分にあり得る話です。

契約期間中に辞めることに対して、あなたが思うほど派遣会社はネガティブに捉えていません
たくさんスタッフさんがいる中で、合わない方が出るのは承知していますから。そんな事態にどう対応していくかも、派遣会社の腕の見せ所だったりします。

希望の条件で気持ちよく働きたいのでしたら、正直に相談したほうが、良い方向に話が向かいやすくなります。

派遣辞めたい

 

小さなことでも遠慮せず、気軽に相談してください

今回は「辞めたいと思ったら」というテーマでお伝えしてきました。
でも本当は、辞めたくなるよりも前に相談していただくのがベストです。

我慢して我慢して…堪えきれなくなって「もう辞めます!」と不満が爆発してしまうスタッフさんが出るのは、私たちにとっては力不足を感じる瞬間です。

「こんな程度のことで相談したら、めんどくさい人と思われるのでは…」
と遠慮せずに、ちょっとしたことでも相談していただけるとありがたいです。

スタッフさんからすれば「もう絶対無理!」な状況でも、派遣会社からすれば「よくあるケースで対処可能」であることも多いです。
派遣会社を上手に活用して、一人でも多くの方に希望の働き方を実現していただきたいと思っています。

当サイト「派遣deパート」では、オフィスワークやWebデザイン、システム開発などの経験を活かせる、時短のお仕事をご案内しています。
ご興味を持たれた方は、ぜひ一度、ご相談ください。

在宅勤務のお仕事あります

登録ボタン

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE