1. 派遣 de パート HOME>
  2. お役立ちコラム>
  3. 働き方>
  4. 2022年10月からパート派遣でも社会保険に入る必要がある?社会保険の適用拡大について

働き方 2022/05/11

2022年10月からパート派遣でも社会保険に入る必要がある?社会保険の適用拡大について

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

2022年を迎えたと思ったのもつかの間、久しぶりに行動制限のない長い連休も過ぎていきましたね。

寂しくもありますが、春から初夏に向けていよいよ通常稼動し始めたかな?とエンジンをかけ始めた方も少なくないのではないでしょうか?

働くお母さんにとって、今年は大きな変化がある年度になるのをご存じですか?

人によっては、働き方・お仕事自体を変えていく必要が出てくる方もいるんじゃないでしょうか?

2022年社会保険の適用拡大

今年2022年10月から社会保険の適用が拡大されるのですが、既に従業員501人以上の会社は、同様のルールが、2016年からスタートしています。該当する会社では、5年前に、パート勤務をされている方達の働き方の変化を求められてしまいました。

(退職して別の500人以下の会社で働き始めたという話も聞いています)

 

下記の条件に該当する労働者は、社会保険に必ず入る必要が出てきます

  • 週の所定労働時間が20時間以上あること
  • 雇用期間が2か月以上見込まれること
  • 賃金月額が8.8万円以上(年収106万円以上であること)
  • 学生でないこと
週4日×1日5時間、時給1,250円の方

  【現在】賃金月額が10万円以上のため、現在は社会保険未加入 雇用保険加入
  →同じ働き方を続ける場合、2022年10月からは社会保険も加入となります。

 

ご主人の扶養に入り、上記のような働き方をされている方にとっては、

扶養から外れ、ご自身で社会保険の加入が必要となるため、手取りとして受け取る金額が減る形となります。

 

もちろん社会保険に加入するメリットもあります

  • 病気やケガで仕事などが制限されるようになった場合、障害厚生年金が給付

  • 厚生年金保険に加入するため、将来の年金受給金額が増える

  • 傷病手当金や出産手当の受給が可能になる

など。

2022年10月以降、こちらに該当される可能性のある方は、

早めにご家族や会社の上長さんとお話されて、勤務時間を増やす、もしくは減らすことを

ご検討いただくと良いかと思います。

 

弊社でお仕事を探されることをご検討中の方は、働き方についてもお気軽にご相談くださいね!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE